ドライソーセージ

ソーセージに含まれる水分量が55%以下の場合にはセミドライソーセージ、35%以下のものならドライソーセージと呼びます。

おやつとして小さなお子様にも人気のあるカルパスなどは、主にセミドライソーセージに分類されています。

一方、おつまみとしての需要が高いサラミはドライソーセージの一種です。

イタリア発祥のドライソーセージであるサラミは、豚挽き肉に塩やラード、ラム酒などを混ぜ、腸詰します。

そして低温高湿度の中で長期間乾燥熟成を行い、サラミとなります。

日本では豚肉・牛肉以外の畜肉を混ぜたものを原料としたものをドライソーセージと呼び、

牛肉および豚肉のみで作られたドライソーセージは全てサラミと呼ばれています。

味付けは様々で、塩やラードだけではなくハーブやニンニクを使ったものもあります。

ハンガリー発祥のピック・テリサラミは、豚肉と豚脂を細びきにし冷燻し乾燥させたもので、白いカビが特徴です。

イタリア原産の牛肉と豚肉で作るぺパロニはペッパーの独特な辛みが特徴で、ピザの具として定番になっています。

ドライソーセージの濃厚な旨みを活かし、ままスライスして食べても良し、クラッカーにチーズと一緒に沿えても良い。

何といっても、保存性の高さが一番の特徴といえるでしょう。常温状態でも半年程もちます。

ただし、食塩量の高さも群を抜いています。食べすぎには注意しましょう。